NEWS&TOPICS

瞳の輝き

2010-06-03 09:17:45

民主党の鳩山さんが辞任しました。
政権交替のとき、多くの国民に期待され新しい日本の姿を胸に立ちあがった民主党の姿は、実力があったかどうかは別としても、
そのまなざしには、きらきらと輝いていたように記憶しています。

紆余曲折があるのは当り前で、何事もそう簡単にはいかないのも当然で、ましてや政治国政の世界がそう簡単に動かせるものではないとも思ういます。

辞任した時の鳩山さん、その瞳にはここ数カ月見られなかった何か強いものが見えたような気がしました。

きらきらと、輝くひとみには、科学的根拠がちゃんとあるようです。

人は感情が高ぶった時や興奮した時には、瞳孔が開いた状態になり、
瞳孔が開くと言うことは、いわゆる黒目部分が大きくなり眼に入ってくる光の量も増し、そのことによって
瞳が輝いて見える、また交感神経が興奮するとき、外界の光量とは無関係に瞳孔が開き、瞳は
大きく見開かれて輝きを増すというわけなのだそうです。

と、いうことは、年齢も、性別も体力も関係なく、瞳は輝くことができるわけですね。

きらきらと輝く瞳の栄養源は、挑戦するという 意欲なのかもしれません。